<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

バンコク市内は、どこもかしこも沢山のショップで溢れています。
特にサイアム周辺は巨大なショッピングセンターが集まっており、バンコク最大・最強エリアなのです。
d0083623_2165739.jpg
ここはその中でも最大級の【セントラル・ワールド】
500店のショップ、50軒の飲食店、2つの百貨店(伊勢丹、ZEN)があり、映画館やコンベンションセンターも併設されています。


d0083623_21113129.jpg



d0083623_21123183.jpg
昨年の5月、反政府デモの際、暴徒化したデモ参加者に略奪、放火され、大きな被害を受けましたが、9月に営業を再開。
とっても綺麗でそんなことが起こったなんて信じられない感じですが、やはりタイ政権は不安定なんだな、、、と改めて思いました。


d0083623_21223592.jpg



d0083623_21233272.jpg
セントラル・ワールド内に、Made in Thailandでリボンバッグなどが有名な【NaRaYa】の大型ショップが入っています。
可愛い・上質・リーズナブル・豊富な品ぞろえで、CAから火がつき、今やタイを代表するブランドになったそうです。
日本には直営店が無いのでお土産に丁度良い!と買いまくり。2時間近く居たかな…そして二人とも行商のおばちゃんみたいな荷物に(^w^;)
でも本当に安くて可愛くて、絶対に誰しも躍っちゃうわよ~~レジで並んでた中では私は少ない方だったんですから。


海外に来たら絶対に外せないスーパーも沢山あります。 その中のひとつ【ビッグ・C】に行ってみました。
d0083623_21345781.jpg



驚くほど広い! 調味料、レトルト食品、お菓子、生鮮食品等々あらゆるものが種類豊富にあります。しかも安っ!!!
d0083623_21374235.jpg


d0083623_21375758.jpg


d0083623_21381063.jpg

いやいやホント、凄いです。 うちの近所の【 Iト―Yカドー 】なんて比べ物にならない規模ですわ…。
この他にも、雑貨屋や大きなドラッグストアなども入っていて超便利。 ホント物価安いし、タイに住みたくなっちゃうよ。
調味料マニアな私は、しこたまタイの調味料や香辛料を買い込みました( ̄ー ̄)ニヤリ!日本の1/3~1/5程で買えます♪


よく考えたら早朝から寺院巡りをし、その後買い物に夢中になりお昼を食べてなかった( ̄□ ̄;)!!それに気が付いたら急にお腹が空いてきた!!
もうひとつの巨大ショッピングセンター【サイアム・パラゴン】のフードコートに行ってみよう!と重い足と荷物を引きずり10分ほど歩きました。
前を歩く友達は、まるで真夏のサンタさん(爆)。 だって身長の半分以上がNaRaYaの袋なんだもん(≧∇≦)
d0083623_21544823.jpg


既に3時は過ぎていましたが、もの凄い混み様(★□★)。さすが大人気のフードコートだけあるねぇ。
受付で金額を決めてカードを購入し、それぞれの店でそのカードを提出して買うというシステム。余ったら受付で換金してくれます。
d0083623_223880.jpg
タイ料理はもちろん、イタリアン、ベトナム料理、韓国料理、和食、ジャンクフードとあらゆるお店が並んでいます。
私は「トム・ヤム・シーフードヌードル」、タイ式フライドチキン「ガイト―ド」、タイの代表的デザート「マンゴーwithスティッキーライス」
そして「ライチジュース」。
ヌードルは程よい辛さと酸味で、タコ、イカ、エビなどがゴロゴロ入っていてとても美味!! チキンは、中はジュ―シー外はパリッパリで美味しく
デザートは、ちょっぴり酸味のあるマンゴーとココナツミルクソースが絶妙!! そして添えてあるもち米を一緒に食べると激ウマーーー♪♪
これ全部で470円ほど。全部でね~~(^▽^;)>゛やっぱ住みたい(笑)

お腹が満たされたらどっと疲れが出てしまいました(>ω<;)。もっとショッピングセンター内を見て回りたかったのですが、もう限界。
荷物も多いし汗をかいたのでシャワーも浴びたいし。ってことで、サイアム駅からBTSで(約15分)ホテルに戻りました。
by yume_koro | 2011-02-27 23:57 | travel | Comments(2)

箸休め

連日タイの煌びやかな寺院ばかりで、ちょいとお腹いっぱいですよね(;^_^A
ここはひとつコロちゃんでお口直しを(笑) 

あ~やっぱり、お寺より、仏像より、コロちゃんの笑顔が一番癒されるよぉ~!!!(親バカ御免)

d0083623_20394019.jpg

ハーネスの撮影だったんですが、トリミング前のモコモコで埋まってしまい、なかなか上手く写せなくて苦労しちゃった(^^;)

撮影する時いつも、「コロちゃん可愛いね~~!あ~いいね~~!!」とか言いながら写す私(^▽^;)
おチビの頃から私に写されることに慣れているから、すごくリラックスした表情になる。
だから、私が写したコロちゃんが世界で一番可愛いと自負しているのだ(笑)
あ、お口直しなはずが結局コッテリ親ばか話になっちゃったね(^▽^;)>゛スマヌスマヌ
by yume_koro | 2011-02-26 23:57 | dog | Comments(2)
最後に向かったのは、広大な王宮の敷地内に位置する【ワット・プラケオ】通称エメラルド寺院。
タイで最高の地位と格式を誇る仏教寺院であり、王室の守護寺です。
d0083623_22265555.jpg
タイ王室の守り神【ガルーダ】タイ語では“クルット”というらしい。


この寺院はバンコクで一番人気があるそう。 お昼近くという時間帯もあってか凄い人~正面の入口まで行くのに時間がかかりました(-_-;)
d0083623_22303432.jpg
ストラップの無いサンダル履き、ノースリーブ、短いスカートやパンツなどでは入場できないよ。


中に入るといきなりキンピカ黄金の仏塔が! 24kの金箔が張り巡らされていて超豪華。王室の権威を感じます。
d0083623_2238114.jpg


d0083623_22453493.jpg


前の2つの寺院も素晴らしかったけれど、ここはレベルが違いました。建物の細部にまでとんでもなくお金かかってます!!! 
d0083623_22474973.jpg


d0083623_22494522.jpg


d0083623_22495823.jpg


おっ!ヤック・モック発見!! 何してるんだ?
d0083623_2252582.jpg


d0083623_22525948.jpg






お疲れーすっ!



本堂内には高さ66cm、幅48cmの本尊・仏陀像が安置されています。
エメラルド寺院という通称は、この仏像のエメラルド色にちなんで呼ばれていますが、実はヒスイで出来ているそうです。
本堂内は撮影厳禁なので、外から望遠で撮ってみました。上手く撮れなかったけど雰囲気だけ…
d0083623_22591859.jpg
光っちゃってよく分からないけれど、実物は顔や手足が確かに緑色の翡翠で出来ていました。ちっこくて可愛いエメラルド仏さん(^^)
礼拝堂内は、溜息ものの豪華さ!本当に煌びやかです。でもやはり、矛盾してますが、ド派手なのにとーっても上品なんだなぁ~


こちらは王宮。 イタリア人建築家が設計したという白亜の宮殿です。
d0083623_2312131.jpg
現在は、国家的儀式や祭典の場、迎賓館として利用されているそうです。


d0083623_23153947.jpg



d0083623_23161525.jpg



d0083623_23191947.jpg

美しい寺院と王宮、と~っても見応えがありました。 しかし日本の寺院と皇居って地味だなぁ…ま、それはそれで侘・寂で素晴らしいのですが。
キラキラ大好きな私にとって、バンコクの寺院はまさに「萌え~~」でした( ̄ー ̄)フフッ
バンコク市内にはまだまだ行ってみたい寺院がありますが、時間に限りがありますので(弾丸トラベラーかっ)また次回(いつなんだか)。
by yume_koro | 2011-02-25 23:52 | travel | Comments(2)
次に向かったのは、バンコク最古の寺院【ワット・ポー】。 ここも有名なパワースポットのひとつ。
なんと言っても、巨大な黄金の寝釈迦仏で有名です。

d0083623_20341551.jpg









チラッ・・・


d0083623_20355777.jpg







う~ん、なんかセクスィー
お肌うるうるツヤツヤ~


リラックスしてますね。 この穏やかなお顔立ち、眺めていると安堵の世界に引き込まれそう…トリップゥ~~
d0083623_20365484.jpg
「寝釈迦仏」とは、悟りを開いた釈迦が、涅槃に旅立つ直前に最後の説法をしている姿を表現したものだそう。 なるほどそんな表情してるわぁ~


全長46m、高さ12m。 全身金箔でおおわれておりまばゆいばかり。とにかく美しい、美し過ぎるっ!!
しかし望遠レンズなので、堂内で全身を撮るのが難しい。広角レンズが必要だわ。
d0083623_20521442.jpg
足の裏に注目! 細かく砕いて磨いた貝殻を使用して作られた、見事な108の絵柄の螺鈿細工。
宇宙観を示すこの文様には、人々に幸福をもたらすといういわれがあるそうです。とりあえず拝んでおこう。
しかし、108といえば煩悩の数…はぁ煩悩、捨てたいやねぇ。

と思っていたら、なんとまぁ捨て場所が隣にありました(笑)
d0083623_213050.jpg




まずは、
20バーツを支払い
コインを貰います。
(金額は特に設定
されていませんが、
大体1人その位が
相場らしいです)


d0083623_21101528.jpg




ずら~り並んだ108つの壺。
この中にコインを一つずつ入れて行きます。

最後までちゃんと入れられたら、
煩悩は無くなり願い事が叶うと言われている。

108回のチャリーンと硬貨を入れる音を聞き、
煩悩だらけの自分ををここに捨てていきますっ!アタシ。

友達は最後の5壺でコインが足らなくなってしまった( ̄□ ̄;)!!
逆に私は余ったので、彼女に譲った。ふふふ…なんか勝った気が( ̄ー ̄)
なんて考えてちゃ煩悩は捨てられないか(;^_^A



みんな真剣だよ(笑)
d0083623_2117279.jpg


礼拝堂の壁や天井には、釈迦の生涯などが描かれていて圧巻。
d0083623_21285138.jpg


本堂の周りには、現チャクリー王朝の、ラーマ1世から4世までの歴代王を象徴する4基の大きな仏塔が据えられています。
中にはそれぞれの遺骨が納められているそうで、つまりお墓ってことですかね。
d0083623_21335439.jpg


小仏塔は寄付をすれば一般人でも遺骨を納めることができるのだとか。寄付って一体いか程なのか気になったりして…。
d0083623_21351296.jpg


中国から渡ってきた色とりどりの陶器がはめ込まれた仏塔たち。カラフルなんだけど、とても上品。
d0083623_21382545.jpg


d0083623_21384450.jpg


d0083623_21412881.jpg


黄金に輝く涅槃仏にパワーをたっくさん頂きました。(もうそれ以上パワーアップしなくてもいいよっ!て言ってる声が聞こえますが)
by yume_koro | 2011-02-24 23:58 | travel | Comments(2)

恋するThailand⑨暁の寺

タイ初心者の私達は、バンコク市内の数ある寺院の中から、有名どころ3つに絞って行くことに決めました。

まずは、三島由紀夫の小説「暁の寺」の舞台として有名な【ワット・アルン】。 小説は読んでないんですけどね(^▽^;)>゛
水上バスに乗りチャオプラヤ川を渡ります。
d0083623_23194183.jpg

朝焼け(アルン)に照らされた美しい寺院が見えてきました。

なんだか裕福になれそうな感じ(*^^*)
d0083623_23211769.jpg



d0083623_23223590.jpg


派手な入口。
d0083623_23241016.jpg


高さ81mの大仏塔。 細かく砕かれた色鮮やかな陶器がはめ込まれていて、近くで見ると本当に綺麗!
d0083623_23283043.jpg


神話の彫像たちが台座を支えています。 こちらは天使?
d0083623_23292651.jpg


そしてこちらは、多分鬼神ヤックかなぁ。 もうひとつ猿神のモックというのもあるそうですが、区別が付かない…(^^;)
d0083623_23295565.jpg



大仏塔は上れます。 もの凄い傾斜が急な階段《;~Д~》 下から見上げるだけでめまいが・・・(×_×;)クラ~ッ
d0083623_23441261.jpg


d0083623_23442989.jpg







ひぇ~~こぇ~~008.gif
ム、ム~リィ~~(@Д@∥)



d0083623_2349350.jpg



d0083623_23492830.jpg









ヘタレな私は下で記念撮影(^▽^;)>゛

上から見たら、さぞかし素晴らしい景色が望めたんだろうなぁ。 高所恐怖症って損だわ。
でも高いところが平気な友達も、さすがにここは恐かったそうで、とても写真を撮る余裕は無かったらしい。
あーーーやっぱ上らなくて正解だわ!!!
by yume_koro | 2011-02-23 00:04 | travel | Comments(2)
アユタヤから約2時間半かけて、船でゆっくりバンコクへ戻ります。 
d0083623_1950321.jpg
お天気が良いので気持ちいーー! とは言え、デッキはやっぱり暑いσ(^◇^;) 欧米人はお暑いのがお好き(^w^;)なのかな?


d0083623_19514579.jpg



d0083623_1952522.jpg



室内はエアコンが効いていて快適♪ 流れの穏やかな川だし立派な船なので、全く揺れを感じません。
d0083623_1955482.jpg



ランチはタイ料理のブッフェ式。 どのお料理もまずまずのお味でした(^^)
d0083623_201130.jpg



d0083623_2022944.jpg



d0083623_202422.jpg



d0083623_2032318.jpg



終点のリバーシティに到着、ここでツアー解散! ここからシャングリラホテル専用の船が出ていますので、乗り替えてホテルに戻りました。
d0083623_205058.jpg


これでアユタヤ日帰りツアー全て終了。 朝6時半にホテルを出発し、午後5時半頃戻りました。
全ての運賃、ガイド料、拝観料、象乗りそしてランチ代込みで2000バーツ(約5400円)。 リーズナブルだよね~♪
(日本からネットで予約)

タイネタまだまだ続くヨ(^▽^;)>゛
by yume_koro | 2011-02-21 00:03 | travel | Comments(0)

快気祝い☆

タイネタちょいと中断。 お待たせ致しました(待ってない?)久々のコロスケ登場!!
d0083623_10334958.jpg


いつもの公園ではこんなの開催中♪
d0083623_10354272.jpg


お値打ち価格の陶磁器がズラリ。交渉次第でさらにお安くなるよ!
d0083623_10371380.jpg


で、私は有田焼の大皿を購入。 オーブンにもレンジにもそのまま使えるし、とっても丈夫。 交渉の結果、なんと一枚500円に!!
激安~(/▽\)横にいたオバちゃまも慌てて買ってたよ(笑) もっと色々欲しかったけれど荷物になるからやめました。
d0083623_10412527.jpg



お散歩の後、本日のmain eventへ。 お友達のお父様の快気祝いです003.gif 大病からの大復活!おかえりなさいR父~!
d0083623_10465380.jpg
すんごいご馳走ー豪快だね♪♪  もっともっとあったけれど載せきれなかった(^^;)
R父、ツヤツヤぴかぴか素敵な笑顔で、ホント元気になられて良かった043.gif 今日は本当に楽しかったです~ありがとう!!
次はお花見かな♪♪ そして船だネ( ̄ー ̄)ニヤリ! 忙しいから覚悟してねR父006.gif

関係者の方々後ほどアルバム送ります。
by yume_koro | 2011-02-19 23:59 | fun | Comments(8)
次に向かったのは、王室の守護寺院であり、アユタヤ最大の仏塔を誇る【ワット・プラ・シ―・サンペット】
アユタヤ王朝の王のうち、3人の王の遺骨が納められた3基の巨大セイロン式仏塔が目を引きます。
d0083623_0401093.jpg


回りにも沢山の小さな仏塔があったらしいのですが、ここもビルマ軍に攻撃され残っているのは三基のみ。
d0083623_0402681.jpg


寺院の跡地。
d0083623_0494253.jpg



d0083623_0495910.jpg



すぐお隣にある【ウィハーン・プラモンコンボーピット】へ。 タイ様式の鮮やかで美しい寺院です。
d0083623_05715100.jpg


礼拝堂の中には巨大な黄金の仏坐像(17m)があります。
d0083623_11849.jpg


なかなかのイケメン。 ここは観光客ばかりではなく礼拝者もたくさん訪れています。人気者ですね。
d0083623_113644.jpg


横からのショット。タイ最大の仏陀像だそう。まばゆい…
d0083623_124497.jpg



近くにある【エレファントパレス】で象さんに乗りました~♪♪
d0083623_1134870.jpg


私達を乗せてくれた象さんは、名前を呼ぶと「パォ~~ン!!」と大きな耳を振りながら返事をしてくれました!超かわいい!!
d0083623_115382.jpg


約10分間のアユタヤ象乗り散策。別料金で延長も出来るそうですが。
d0083623_1163644.jpg


象使いのお兄さんが、「あの塔を撮りなさい」 とお写真スポットへ連れて行ってくれたのですが
いざカメラを構えるとこのポーズ(;^_^A おちゃめな象使いです。
d0083623_1203058.jpg


気を取り直して塔を撮影。 この塔は【ワット・プラ・ラム】攻撃を受けレンガがむき出しになっていてもなお美しい。
d0083623_1264692.jpg

象さんの乗り心地はなかなか良かったですヨ。ゆっくり歩いてくれますからあまり揺れず、視線が高くなりとても優雅な気分♪
オプショナルツアーに含まれるのは10分間のみですが、時間があれば延長してもっと散策したかったなぁ…
象使いにカメラを渡して撮影してもらうことは禁じられていました。 その代わり日本の観光地でもよくあるプロ(?)カメラマンによる撮影があります。
その写真は2Lサイズよりちょっと大きめで約800円。タイの物価からしたら超高いですが、乗っているところの写真はコレだけですので買いました。

一度来てみたかったアユタヤ遺跡。 来て良かったです。なんだかよくわからないけれど、とにかく感動しました。
ビルマ軍の猛攻を受けて見るも無残な姿になってしまったけれど、それでもこれだけ美しいとは。。。タイが地震の無い国で良かった。
ガイドブック等の写真で見たり、行った人の話で聞いたりしているのとはまるで違います。まさに百聞は一見に如かず。


これでアユタヤとはお別れ。 この後は船でチャオプラヤ川を下りバンコクへ戻ります。
by yume_koro | 2011-02-19 01:53 | travel | Comments(0)
d0083623_21333533.jpg

次に向かったのはパワースポット【ワット・プラ・マハタート】。今回の旅で一番来てみたかった場所。
今や廃墟ですが、かつては敷地中央に44mの黄金の仏塔がそびえ立ち、回りには幾つもの仏堂や礼拝堂があったという。


ここで一番有名なのが、菩提樹の根におおわれた仏頭。 とても安らかな表情に心癒されます。
切り落とされ持ち帰りを逃れた頭部が自然に木の根に取り込まれて、このような姿になったと言われています。
d0083623_21471257.jpg



凄く神秘的。一緒に記念撮影できますが、その際自分の頭が仏像より高くならないよう、しゃがんで撮らなければいけない。
d0083623_2149418.jpg



d0083623_2234064.jpg


ビルマ軍の猛攻により無残にも頭部の無い仏像たち。 仏頭に宝物があると信じていた彼らが全て持ち帰ったという。
現在頭部のあるごく一部は全て後に復元されたもの。 なんともいえない無情を感じずにはいられない。
d0083623_2235733.jpg



d0083623_2241013.jpg



礼拝堂や仏堂などの跡地。 いにしえの都に思いを馳せて…。 
d0083623_2290100.jpg



d0083623_2291515.jpg



d0083623_2293017.jpg



d0083623_229476.jpg



d0083623_2210255.jpg



d0083623_22101798.jpg
廃墟ではありますが、なぜだか胸を打つ美しさがあります。


d0083623_2215539.jpg



d0083623_22152711.jpg










この塔の中央に、小さな仏像があるのに気付き
ズームして撮影しようと試みたとき・・・



d0083623_22183246.jpg
突然一羽の鳩が飛んできて写り込んだ!! 本当に一瞬の出来事!!! うーんこれは何かある。 私持ってる( ̄ー ̄)vかもね。



d0083623_22511411.jpg

ここは想像した以上に、圧倒的なパワーを感じました。 スピリチュアリティ…超自然的存在との見えないつながりがヒシヒシと伝わってきます。
透き通るような美しい青空と緑、レンガの建造物との調和が不思議な廃墟を彩り、それはもう言葉では表現できない感動的な美しさです。

写真ではその素晴らしさ、凄さが伝わらないのが残念ですが…(TOT)
by yume_koro | 2011-02-17 23:46 | travel | Comments(0)
バンコクからバスで約1時間半、1991年にユネスコ世界遺産に登録された【古都アユタヤ】遺跡を訪ねました。
まずは、【ワット・ヤイ・チャイ・モンコン】という仏教寺院の遺跡から。

d0083623_21143139.jpg


悠々と横たわる巨大な涅槃像がデーンとお出迎え。 とっても気持ちよさそうに寝ています。
d0083623_21164877.jpg


d0083623_21182757.jpg


d0083623_2120159.jpg


アユタヤで2番目に高いチェディ(仏塔)。高さは約72m。上ることができます。
d0083623_21234850.jpg


高所&階段恐怖症の私ですが、この程度ならなんとか上れるかな…
d0083623_2125757.jpg


うっ上から見ると結構高い008.gif この程度で情けないけど、嫌いなもんは嫌いなの。
d0083623_2126070.jpg


でも頑張って写真を撮ろう。横を見れば仏像さん。デカッ!! よく見るとこの方、知り合いに似ている(爆)
d0083623_2127146.jpg


もうちょっと上って、彼の後頭部越しのショットを。
d0083623_2128626.jpg


行きはヨイヨイ帰りはコワイ…ゴツゴツと足場の悪いレンガ造りの階段だし一段が高い。そして手すりも無し。
腰が引けて超カッコ悪い降り方をしていた私を見て大笑いした友達でした(-_-;)
d0083623_21355258.jpg


ワンちゃんがあちこちにフラフラ。みんな自由に生きています。健康状態も良さそうで大切にされているようです。
全く吠えないし人懐こい感じ。微笑みの国のワンコはやはり幸せそうでした(^^)
d0083623_2138760.jpg


圧巻なのが仏像群。1357年、ウートーン王が建築し、度々増築されたそう。黄色い袈裟は僧が寄進したもの。ホント美しいです。
d0083623_21442320.jpg


東南アジアの文化を融合して14世紀に誕生したアユタヤ王朝。歴代30人、400年を超える栄華の時代を築く。
1767年ビルマの攻撃を受けて幕を閉じるまでの間、クメールの重厚とタイの華麗をあわせ持った美しい古都は
その昔一体どんな姿をしていたのでろうか・・・。

お次は強烈パワースポットへGO!!
by yume_koro | 2011-02-16 00:03 | travel | Comments(4)

気ままな日々の気ままな写真。怖いもの知らずのド素人写真ブログですがどうぞ宜しくです♪


by koromama