d0083623_22354619.jpg
前回は免れたが、今回はやはり行くことになった超高層ビル【台北101】。 高さ509.2mで地上101階、あぁぁぁ高いねぇ(-_-;)


台北にきたからにゃぁやっぱ来ておかないと!と高いところが大好きな同行者に促され上ることに…。
d0083623_2246016.jpg



1F~5Fはショッピングモールやレストラン、その上はオフィス、レストラン、そして展望台などとなっています。
d0083623_22504225.jpg



エレベーター乗り場へ。 手にはすでに嫌~な汗かいてます《;~Д~》
d0083623_22521671.jpg



高速エレベーターにて一気に上ります。 速度1010m/分、わずか37秒で89階の展望台に到着!!! 因みに、エレベーターは東芝製です。
d0083623_22545877.jpg



日本語音声ガイドを渡されます(無料)。 14(確か)に区切られ通路や柱に番号があり、その番号を押すとそこからの景色の説明が。 
でももうテンパリまくりの私には、あまり耳に入らず…(-_-;)
d0083623_2332472.jpg



設定だけしてお友達にカメラを渡し撮ってもらった画像。
d0083623_237611.jpg



d0083623_2371724.jpg



d0083623_2373346.jpg



そして私が撮った画像(^^;) これでいっぱいいっぱい。 窓には近付けない。
d0083623_2383560.jpg

お友達は、ここから階段で、91階の屋外展望台へと上って行きました。 さいなら~


d0083623_23123185.jpg



d0083623_23163568.jpg



エレベーターを降りてきたところで
記念撮影。
ここでは余裕の笑顔さ~(* ̄∀ ̄)ノ"

一緒に写っているのは
台北101のイメキャラです。




d0083623_23322358.jpg







バイバイ101(^O^)/~
きっともう来ないから~(笑)

by yume_koro | 2012-02-25 23:41 | travel | Comments(2)
とりあえず有名なお寺を2か所回りました。

まずは台北市内の中心部に位置する【「行天宮】。
d0083623_23164582.jpg



d0083623_23165987.jpg



d0083623_23171034.jpg



            門をくぐり廟内に入ると凄い人と熱気! 観光客もいますが、大半が熱心にお祈りをする台湾の人達です。
d0083623_23183656.jpg



          お供え物もたくさん!!
d0083623_2320094.jpg



こちらの中にはご神体が並べられています。行天宮のメインの神様は「三国志」の関羽。
今では商売の神様として崇められているということです。
d0083623_23211557.jpg



門のすぐ前に地下道路の入り口があります。 そこを下ると・・・
d0083623_23323149.jpg



そこは占い横町。 一坪ほどのお店(?)がズラ~っと並んでいます。 日本語OKの看板も。
d0083623_23355128.jpg
私は占いの類はまったく興味がないので見学のみ。 


d0083623_23375093.jpg








ロケなどで訪れたと思われる
日本の有名人の名前や顔写真
も沢山飾ってありました。



                            次はパワースポット【龍山寺】へ。
d0083623_2350209.jpg




このお寺は、色々な神様が仏教道教かかわらず一堂に集まり、それぞれのお願い事に長けた神様が一堂に会する
まるで「神様の玉手箱や~」となっております(^w^;)
d0083623_23531376.jpg



                中に入ると、長~いお線香が7本無料で貰えます。 
d0083623_23554168.jpg



健康・運勢・学業・出世・恋愛・子宝・金運等と、神様によりそれぞれの得意分野があるので、
自分の叶えたい願いの神様に向かい、住所氏名を告げて(←これが肝心らしい)お線香を入れて祈ります。
d0083623_001812.jpg



d0083623_004393.jpg



d0083623_011227.jpg



d0083623_012775.jpg








私は、健康3本、金運3本、運勢1本に絞りました(笑)
他はもうあまり必要無いもん(≧∇≦)


この2つのお寺と前出の博物院、忠烈祠へは、ガイドタクシーを利用しました。 
日本語(ちょっとカタコトでしたが)で説明してくれるので、分かりやすくて良かったです(^^)
by yume_koro | 2012-02-24 00:19 | travel | Comments(0)
2月の台北は雨や曇りの日が多く、青空が見える日は殆ど無いらしいです。平均気温は12℃~19℃。
朝晩は肌寒い日もあり、セーターやコートが必要なこともあるとか。
なので一応レインコート等の雨具も持って行きました。 ところがですよ、私達のいた4日間は雨が1滴も降らず、
美しい青空が見えていました(*^^*) しかも最高気温は27、8℃。 半袖でも良いくらい(≧∇≦)

でも台北の人達、特に若者は、真冬のファッションです。 ダウンコートにブーツ、ニット帽等々、、、
一応12月~2月は冬にあたりますので、ここぞとばかりウィンターファッションに身を包んでいました。
暑い日の多い台湾では、20℃を下回るとかなり肌寒く感じるらしいんですが、極寒の日本から来た私達には
見ているだけで暑苦しいです《;~Д~》

とにかく、ホテルでもお店でもタクシーでも、「この時期、こんなにお天気の良い日は珍しいんですよ」 と何度も言われました。


【国立故宮博物院】 青空に映える美しい建造物です。
フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュと並んで、世界四大博物館の1つに数えられています
d0083623_23535919.jpg



d0083623_2354956.jpg



d0083623_23541927.jpg



d0083623_23543333.jpg

館内は撮影禁止なので、外観のみ。
この博物院はおよそ70万点近くの収蔵品があると言われていますが、常時展示している品は、6000~8000点。
特に有名な宝物数百点を除いては、3~6カ月おきに、展示品を入れ替えているため、すべてを見て回るには
10年以上はかかると言われています。

お宝中国美術コレクションは素晴らしかったですが、この日は日曜日だったので超混雑( ̄□ ̄;)!! 
大陸からのお客様が殆どでした。 もう少し空いている時に静かにゆっくり見学したかったなぁ…。


こちらは【忠烈祠】。 国家のために殉難した烈士の英霊を追悼する場所です。
衛兵交代の儀式を見たかったのですが、到着した時は終わったばかりで、次は一時間後とのこと。残念!
d0083623_063740.jpg



d0083623_074323.jpg



d0083623_081542.jpg
          門のところに衛兵が2名立っていました。


d0083623_094611.jpg
                         絶対に動きません!!!まるでマネキン人形です。


d0083623_0105772.jpg



顔に何か付いていますが、
自分で取ることも禁止。 
後に、優しい観光客が
取ってあげていました。



d0083623_0142590.jpg



                        日に何度も行進するので色が変わっています。
d0083623_017439.jpg


忠烈祠を守る衛兵たちは、陸軍、海軍、空軍の三軍から選び抜かれた超エリートで、4ヶ月ごとに変わるのだそうです。
少なくとも3ヶ月間は訓練をみっちり受けているのだとか。 
犯歴がなく、身長175cm - 195cm、体重65kg±1kg、とかなり厳しい条件があります。
そしてイケメンが多いとの噂。 ホント見られなくて残念でした(T-T)
by yume_koro | 2012-02-22 00:32 | travel | Comments(2)
さて、翌日12日。 ホテルの1FにあるBrasserieで朝食ブッフェです。
d0083623_0125533.jpg



d0083623_0163998.jpg


洋食、中華、和食とバラエティー豊富。 
d0083623_0165476.jpg
その場で焼いてくれるワッフルがとても美味しいです。 そして種類豊富なパンも焼き立てで美味しい!!
一方、サラダ(生野菜)とフルーツが今一つでした。冬なので仕方がないのかな…。


中華おかゆ、ちまき、ヌードルなんかも美味しそうでしたが、昨晩食べ過ぎ(飲み過ぎ)たので本日は軽めでいきます(^^;)
d0083623_0221114.jpg



d0083623_0222736.jpg

お天気いいね(^-^)v この時期の台北では、とっても貴重な青空です! 晴れ女健在なり!!!
by yume_koro | 2012-02-20 00:30 | travel | Comments(0)
羽田から台北の松山空港までは約3時間半。 お昼頃出発して15:30分ごろ到着(時差は1時間台湾が遅い)。 
松山空港は羽田と同じく都会のど真ん中の空港です。
元々は国内線専用空港だったのですが、近年日本と中国の国際定期便を就航しました。
ホテルのある中山エリアへは、タクシーで10分ほどで運賃も約150元(400円)。
桃園国際空港よりもこちらの方が断然便利でリーズナブルです。

今回の宿泊は、ビジネス・観光・ショッピングと何をするのも便利な立地条件の【ザ・リージェント・タイペイ】
新しいホテルではありませんが、メンテナンスが素晴らしく、とてもモダンで素敵なホテルです。
あのKing of Pop様や今を時めくガ○様などもご宿泊されたとか。お部屋のランクは私たち庶民とは大違いでしょうけど。

d0083623_029117.jpg



d0083623_0331753.jpg



d0083623_0341770.jpg



お部屋はデラックスルーム。 下から2番目のランクですが、45㎡でゆったりとしています。
d0083623_036126.jpg



d0083623_0362320.jpg
             右側には大きなバスタブもあり。


d0083623_037077.jpg



夕方5時過ぎ、会社の取引先の方達と夕食に出掛けました。 連れて行って頂いたのは、阿美飯店というお店。
d0083623_045344.jpg



海鮮を中心とした典型的な台湾料理です。 絵的には地味ですが(^^;)とっても美味しかったです! コンデジ撮影なので全然美味しそうに見えませんが・・・
d0083623_0463751.jpg
12年物の紹興酒がもの凄~く美味しくてビックリ! 風味豊かでクイックイ入っちゃうんですよね(^▽^;)>゛
どうやら、お料理よりもそのお酒の方が高かったみたいです。3本も頼んじゃって申し訳ない(;^_^A
台湾の方々は、本当におもてなし上手なんですもの…(そういう問題じゃない?)。


d0083623_054349.jpg

あぁ初日からガッツリ食べて飲んで…。先が思いやられるね(-_-;)
by yume_koro | 2012-02-19 01:00 | travel | Comments(2)
5年ぶりに台湾に行って参りました。 前回は高雄が中心でしたが、今回は台北のみに3泊しました。

d0083623_223198.jpg




d0083623_2216016.jpg




d0083623_22161520.jpg

美食&美容で女子力UP\(^▽^)/のはずでしたが、結果美味しい物を食べ過ぎて体重UP(;^_^Aハハハ
ま、そうなるとは思っていたんですけどね(≧∇≦)キャー

これから写真を整理して、ボチボチUPしていきます。
しかしながら今回の旅の写真は、去年のタイの1/5ほどで、かなり少ないのよね・・・(-_-;)
by yume_koro | 2012-02-16 22:17 | travel | Comments(2)
中途半端な状態で中断しておりましたタイ旅行写真を、久しぶりにアップ致します。 今回で最後です。

ホテルの窓から見えるチャオプラヤ川に掛る橋の上は、帰宅ラッシュの大渋滞。 でも車がカラフルで、なんだか綺麗です。
d0083623_2353432.jpg



この日のリバーサイドラウンジは混雑しています。 みんなフリーのイブニングカクテルを飲みに来ているに違いない( ̄ー ̄)
d0083623_054639.jpg



ささ、私も飲まなくちゃ♪ せっかくのクルンテープウィング特典、なんたってフリーだもの(しつこい)。
d0083623_08093.jpg



d0083623_081320.jpg



お庭を通ってメインウィングに行く途中にあるBAR。 いい雰囲気です。
d0083623_0131252.jpg



d0083623_014990.jpg


こちらはメインウィングのロビーラウンジ。 クルンテープより中国色が強いですね(シャングリラは中華系ホテルです)。
d0083623_0151329.jpg



お庭では、インド人富豪のご子息とご息女の結婚式&披露宴が行われていました。
飾り付けも煌びやかですが、来賓達の衣装がそれはそれは美しくて、、、まるで踊るマハラジャの世界。
中に入って写真を撮りたかったのですが、どう見ても場違いな格好の私。
ウロチョロ写真なんぞ撮っていたら、すぐに摘み出されるに違いありません。 なのでこっそり1枚だけ・・・。
d0083623_0202149.jpg



打って変わって静かなクルンテープウィングのプール。 象さんの丸い背中に哀愁を感じてしまいます。
d0083623_0232811.jpg


2月に行ったタイ。 なんだかすごく昔だったような気もします。
アユタヤ遺跡や寺院は感動モノですし、お料理はどれも口に合い、ホテルはゴージャスでサービスも一流。
お手頃マッサージや高級スパも最高でした。 便利で物価も安く、暮らしやすそうな大都市バンコク。
本当に、どれもこれも素晴らしかったです。 また行きたい、、、

東南アジアで唯一植民地化されることなく、肥沃な国土に恵まれ独自の文化と発展を遂げてきたタイ王国。
そのためか、タイの人達はのんびりと温厚で、言語もとても耳に心地よく 【微笑みの国】 と呼ばれるゆえんが分かりました。
とはいえ、政権は不安定です。2010年3月の大きな反政府デモで、ロイター通信の邦人カメラマンが巻き込まれ
亡くなられたのは記憶に新しいですよね。
外務省の渡航先危険情報では現在も 「十分注意して下さい」 となっています。
が、しかし今となっては、世界から見たら日本の方がある意味 「危険な国」 となってしまいました。

観光中ガイドさんが 「バンコクは殆ど地震が無いんです」 と教えてくれて 「羨ましいね」 と言っていたのを思い出します。
その時はまさか約一ヶ月後に、世にも恐ろしい巨大な地震が我々に襲ってくるとは夢にも思わずに、、、
当然ですが、先のことなど誰にも分からないものです。 今やりたいこと、今出来ること、それを先延ばしせずやって行こうと思います。

2000枚ほど撮ったタイ旅行の写真。 ダラダラと1~16まで続いてしまいました(^^;)
これにて【恋するThailand】を終わりに致します。
お付き合い下さいました皆様、どうも有難うございました m(_ _)m
by yume_koro | 2011-04-23 23:57 | travel | Comments(4)
バンコクの街を歩いていると、沢山のマッサージ屋さんがあるのに驚きます。どのお店も小奇麗で入りやすそうな雰囲気。
d0083623_2343266.jpg



メニューや価格はどこも似たり寄ったりですが、こんな面白い名前も。 なぜこの名前なのかは謎。
d0083623_2372030.jpg



中に入ってみると、清潔感がありなかなかいい雰囲気。 人気があるようでちょっと待たされました。
d0083623_239630.jpg



タイ古式マッサージの2時間コースをお願いすることに。 ↓画像はサロンのHPから拝借。
d0083623_2310533.jpg
こんな感じで足先から頭のてっぺんまで、2時間みっちりストレッチ&マッサージ。 いやぁ~気持ちいいっす!!!
どこをマッサージされても痛いところの全く無い健康体の私は、不覚にも途中爆睡(;^_^A
お姉さんに肩をトントンと叩かれた時、終了したのだと勘違いして 「あ、どうもありがとう」 と寝ぼけ眼で慌てて起き上がると
「まだです。横向きになって下さい」と、、、あぁ恥ずかし~《;~Д~》
隣では友達が「うっうっ!」と低い呻き声をあげているというのに、古式マッサージで爆睡する人はかなり珍しいらしい(^w^;)

2時間ノンストップで400バーツ(約1100円)。激安!! 日本なら10分の価格よね。
この安さなら毎日でも通えるのに~と言ったら 「必要無いんじゃない?」 と友達に言われてしまった(>ω<)
ひとつだけ難点が、、、部屋のエアコンが強過ぎて寒かった。 途中「寒い」と伝えたがスル―されました(^^;)
おそらく彼女達に合わせた空調なのでしょう。


ずっと行きたかった憧れのスパに今回行くことが出来ました003.gif
世界中のセレブ達に愛される 【ザ・オリエンタル・スパ】 です!
世界最高峰のホテルと名高い マンダリン・オリエンタル・バンコク のスパですから期待が膨らみます。
d0083623_2332155.jpg



シャングリラホテルから徒歩10分ほどで
マンダリンホテルに到着。

ロビーを抜けて、、、


d0083623_2335438.jpg


ブッフェはどんなんかな?
と覗き見をしつつ、、、


d0083623_23364618.jpg


専用ボートで向う岸に渡ります。


見えてきたよ~~!
d0083623_23385858.jpg



美しく静かな緑の中にひっそりと佇むスパは、ゴージャスというより静粛な雰囲気です。
入口は小さいですが、中はかなり広々としていました。
d0083623_23403128.jpg


d0083623_23404872.jpg


d0083623_234129.jpg



受付で問診票みたいなものに記入をし、ハーブティを頂きながらメニューを選びます。
私は“De-Stress Muscle Release”というTreatmentを選びました。 その後、美人の担当エステティシャンに連れられて2階のお部屋へ。
彼女達はとても綺麗で分かりやすい英語を話します。
d0083623_023689.jpg

お部屋には、クローゼット、シャワー室、トイレ、洗面台、小さなテーブル&ソファ、そしてベッドが2つ。
この日は空いていたからか、1人1部屋という贅沢さ。
「お部屋の温度はいかがですか?」と聞いてくれましたので 「ちょっと寒いのでエアコン切って下さい」 とすかさず言いました(^^;)
さすがですな~~!街のマッサージ屋さんとは違います(笑)

温めたエッセンスオイルで全身を “ディープティシューマッサージ”。 骨の周りの筋肉、腱、筋をほぐすマッサージです。
気持ち良過ぎてもう夢心地016.gif もちろん途中でうとうと(笑) でも今回は “うとうと” ですから!
勿体なくて寝てられない!という気持ちが働きました(笑) 最後はヘッドマッサージで〆。

d0083623_014035.jpg


終わった後は、ジンジャーティーとスイカのSweetsが。

リンパの流れが良くなるからか、終わった後は体がスッキリ!軽くなりました~\(^O^)/
2時間 5800バーツ(約16000円)。
ステキな個室で、心地良いBGMとアロマの香りに包まれなが受ける最高技術のマッサージは、
このお値段でも安いぐらいだな…と思いました。(こちらのスパは事前予約が必須です)

毎日街のフットマッサージ、週一で古式マッサージ、そして月一で高級スパ。 あ~そんなバンコク駐在妻になりたぁ~い!!!
by yume_koro | 2011-03-10 23:17 | travel | Comments(2)
ちょっぴりドレスアップして、シャングリラホテルの【ホライゾン号・ディナークルーズ】に乗船!

d0083623_20463947.jpg



下階、上階、テラス席と合わせて170席もある豪華客船です。
d0083623_2053572.jpg



テラスの一番良い場所に席を取ってもらったヨ(^-^)v
d0083623_20542731.jpg
気温15℃前後で湿度も低く、風がと~っても心地良い016.gif もう気分は最高潮!!!


お食事は、タイ料理、西洋料理、日本食などのインターナショナルブッフェタイプ。
飲み物は別料金ですが、ワインやシャンパン、ビールにカクテルとなんでも揃っています。
d0083623_2101100.jpg



d0083623_2101740.jpg
席は良いけれど、お料理のある場所はちと遠い。取るのに必死で写真をあまり撮ってなかった(^^;) 
お味は…まぁごくごく普通。シャングリラだからって期待し過ぎちゃったのかもね(^▽^;)


チャオプラヤ川沿いには、沢山のライトアップされた寺院があります。 昼間見るのとはまた雰囲気が違い、とっても幻想的で美しい!!!
暁の寺ことワット・アルンが見えてきました。 船の上からだし(言い訳)綺麗に撮れなくて残念なんですが。。。

d0083623_2191540.jpg




d0083623_0344162.jpg






ラマ8世橋。



d0083623_2114854.jpg

   
王宮は夜もキラキラ072.gif

d0083623_21162596.jpg



こちらはどの寺院かな…

d0083623_21215197.jpg



d0083623_21205319.jpg
水面に映る色とりどりのライティングがなんともまぁロマンティック053.gifうっとり~~
あぁこれで隣に素敵な男性(まぁ旦那でもよいが)いたら最高だわ!と、ひとり妄想にふける…012.gif
ふと後ろを振り返ると、お友達がひとりテーブルに残りケーキをバックバク食べていた(○_○;)
お料理は普通だけどケーキは最高!! 特にチーズケーキは絶品!!! だそうだ(-_-;)はいはい


あ~ぁシャングリラホテルが見えてきちゃったよ。。。
d0083623_2136866.jpg

あっという間の2時間。 本当に素敵なひとときを過ごしました003.gif
by yume_koro | 2011-03-08 00:40 | travel | Comments(2)
正統派のタイ料理をいただきに夜の街へ。 向かったのはBTSのサラディーン駅から歩いて10分程の【Naj】というお店。

d0083623_00165.jpg


d0083623_034792.jpg
タイの伝統料理や宮廷料理などを教えるクッキングスクールも併設。うーんこれは期待が持てるね( ̄ー ̄)


100年以上前の高級官僚の邸宅を改装したという、ノスタルジックな雰囲気の素敵なレストランです。 ピンクのハートリースが可愛い♪
d0083623_011545.jpg



d0083623_0122915.jpg



お店のスタッフおすすめ料理を入れつつ、コースではなくアラカルトで。
d0083623_0184967.jpg

全体的に素材を生かした上品な味付けで、とても食べやすく美味しい。 でもトムヤムクンは本格的に辛かった(写真撮り忘れちゃった)。
私的には美味しい辛さだったのだが、辛いのがちょいと苦手な友達には刺激が強過ぎたようだ《;~Д~》
舌が麻痺してしまったのか、その後食べた辛くないお料理もすべて辛く感じてしまうらしく、ずっと “ヒーハーヒーハー” していた(笑)

可愛らしい女性のタイ伝統舞踊がはじまったよ(^^)
d0083623_0331084.jpg

フードコートや屋台の料理も美味しいけれど、やはり正統派のタイ高級料理は抜群の美味しさでした(≧∇≦)
一応高級レストランですので、タイといえどもお値段もそれなりです。フードコートとは桁が違います(^^;)
でもワインが高いのよね。 地下にワインセラーがあるらしい。調子よく飲んでると次々すすめられるから怖いよ008.gif
ワイン飲まなければ3000円位で収まりそうなのに…。ま、飲兵衛にはムリな話しなのだが(^▽^;)>゛
by yume_koro | 2011-03-02 00:54 | travel | Comments(4)

2001年生まれのお爺ちゃんトイプーとの暮らしなど、気ままな日々の気ままな写真。


by koromama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31